人気のオススメ育毛剤6種類を超リアル比較!

男性の天敵「ハゲ・薄毛」
ならないため、なってしまったのを改善するため
世の中には数多くの育毛剤があります。
しかしどれもこれもいいことばかり言っていますが
値段も高いし、続けないと効果はあまり期待できないことだし
選びようがないという人が多くいます。
そんな人たちのために人気のある育毛剤6種類の比較をしていきたいと思います。
長文になるのでご容赦ください。

<比較する育毛剤とポイント>

今回比較するのは

・イクオス
・フィンジア
・Deeper3D
・BUBKA(ブブカ)
・ビタブリットCヘアー
・チャップアップ

以上の6種類の育毛剤です。
どれもこれも知名度があり雑誌や通販サイトの育毛剤の分野では常連です。
しかしそれぞれ本当に効果があるのか、値段の比較など
消費者が気になるところをピックアップしていきます。

比較する項目は以下の通りです。

・発毛確率

・値段

・返金制度

・有効成分

・AGA(男性型脱毛)に対する有効成分

・使いやすさ

これらが皆さんが気になっているポイントなので
そのあたりを1つ1つ比較・説明していきます。
なおこれら項目に関することは各育毛剤の公式広告サイトの発表をまとめています。

<発毛確率>

何より気になるのが「髪の毛が生えるのかどうか」
せっかく育毛剤を使うんだからちゃんと効果がないと嫌ですよね?
一般的に売られている育毛剤との決定的な違いと言っても過言ではありません。
実際に発毛確率をどうやって調べるのかということですが
今回は使用者の満足度や効果を実感できたかどうかを各育毛剤の公式な発表をまとめています。
実際使って効果が感じれないと満足度は上がりませんので指標として扱っています。

イクオス・・・・・3か月以内78%の人が効果を実感

フィンジア・・・・記載なし(体験者の感想は記載)

Deeper3D・・・・・6ヶ月で65%⇒12か月で90%の人が満足している

BUBKA・・・・・・満足度98%

ビタブリットC・・記載なし(体験者の感想は記載)

チャップアップ・・記載なし(体験者の感想は記載)

半数が「記載なし」となっていますが
効果がないというわけではなく調査には時間と費用が掛かるので
実施できていないという可能性がありますので
効果なしというよりは「未確認」という感じですね。
使用者の感想が多数載っているので参考にはなります。
しかし決め手になりにくいのは確かですね。

イクオス・Deeper3D・BUBKAは記載されているので頼もしいですね。
しっかり調査・分析されている証と言えます。

それぞれの特徴は

3か月という育毛分野では短期間で約8割の人が効果を感じる「イクオス」。

長期使い続ければほとんどの人に実感してもらえる「Deeper3D」
しかも不満と思う人が12か月使っている人には1人もいないというのがすごいところです。

期間などの調査方法があまり記載されてはいませんでしたが圧倒的な満足度の高さを誇る「BUBKA」

ちなみに育毛剤は基本的には長期使用を考えておくのが定石です。
数週間で効果があるような文言をたまに見ますが
かなり稀なケースです。
ほとんどないと思ってください。
逆に数週間で効果があるという文言を見たらそれは怪しいと思ってください。

髪の毛には休止期、退行期という髪の毛が休んでいる期間があります。
その期間が約2~3か月と言われています。
つまり目に見える効果が現れるのは
最短でもそれくらいかかるということです。

 

 

<値段>

いかに効果が高いとはいえ値段がむちゃくちゃ高いと継続して使用するのは
かなりハードルが高いです。
安いほうがありがたいのは当然です。
効果と値段とあなたのお財布とのバランスがとれるところを探っていきましょう。
ちなみにこの項目はランキング形式で発表します。
もちろん安い順でです。

〔単品購入〕

1位 チャップアップ \7,400

2位 イクオス    \8,980

3位 ビタブリット  \9,390

4位 フィンジア   \12,800

5位 BUBKA      \16,200

6位 Deeper3D    \17,664

自分の頭皮や使用感など自分に合うかどうかは
使ってみなくてはわかりませんので
最初は「単品購入」を試したくなりますが
ちょっとどれもこれも少し高いような気がしますよね。
これらの育毛剤は大体1か月~1か月半で使いきれるサイズで販売しているので
毎月これだけが費用が掛かるのは難しいかもしれません。
使用者の満足度が高いのが値段も高いところに来ていますね。

ですが安心して下しさい。
各メーカーそのあたりもちゃんと考えています。

育毛剤の多くは『定期購入』をコースとして作っています。

毎月決まった時期にあなたの家に届くようになっています。
ストックがなくなることがなくなるので
継続しやすいのも利点です。
メーカー側も定期的に購入してもらえるほうがありがたいので
両者にメリットがあります。
こちらもランキング形式で発表します

〔定期購入〕

1位 イクオス    \6,980

2位 ビタブリット  \7,517

3位 チャップアップ \9,090 サプリメント付き(\5960相当)

4位 フィンジア   \9,980

5位 BUBKA      \11,664 シャンプー+サプリメント付き 初回の1本は\5,980

6位 Deeper3D    \17,490

シャンプーやサプリメントといった付加価値をつけているものもありますが
純粋に値段だけで並べて観ました。
育毛にはシャンプーやサプリメントといったものと組み合わせるのが効果的です。
シャンプーには育毛剤の効果を100%発揮させるための下準備を行う効果が期待できます。
サプリメントは育毛に必要な栄養分や体の中から脱毛の抑制することなどに効果的です。
体内・体外両方からの育毛効果が期待できます。

注目ポイントをまとめると

満足度・値段の安さが共にトップクラスの「イクオス」

少し高価ながらサプリメントがついてくる「チャップアップ」

高価だがシャンプーとサプリメントがついて付加価値が最も高い「BUBKA」
しかも初回の1本は1位のイクオスと並ぶ\5,980です。

あえて5%しか値下げしない「Deeper3D」は商品に自信がある証かもしれません

値段だけを見ると1位のイクオスと6位のDeeper3Dとには3倍近い差があります。
これは後に述べる有効成分などが関係してきていますので
是非そちらまで読んでください。

<返金制度>

各メーカーは「返金制度」というものを採用していることが多いです。
実際使ってみるとにおいであったり、肌がかゆくなる、赤みが出てくる
そもそも育毛剤の効果のあるなしに関わらず
育毛剤をつけるとう行為そのものが面倒で続かない人もいるからです。
それによって購入をしり込みしてしまう方も多いのです。
安いものではありませんから当然です。

その不安を取り除く意味も込めて
「返金制度」というものがあります。
返金制度をとっているメーカーは全て全額返金を謳っていますのでありがたいですね。

では各メーカーの返金制度を比較してみましょう。
各メーカー返金に応じる期間や条件に違いが見られます。

イクオス・・・・・45日間 商品購入より

フィンジア・・・・30日間 購入者の手元に届いてから

Deeper3D・・・・・14日間 未開封のみ 定期購入は除く

BUBKA(ブブカ)・ 30日間   購入者の手元に届いてから

ビタブリット・・・ 7日間    未開封のみ

チャップアップ・・30日間   商品購入より

最長でイクオスの45日間ですね。
最短はビタブリットの7日間です。
Deeper3D・ビタブリットは未開封のみなので実際試すことはできません。
覚悟を決めた人のみ使ってくださいということでしょうか。
フィンジア・BUBKAはわかりやすく届いてから1か月ということですね。
空きボトルの回収もするようです。
1か月もあれば使い続けられるかどうか判断できると思われます。

少し注意が必要なのはイクオス・チャップアップの「商品購入より」というものです。
つまり通販などで買うとすると購入の注文した時点からスタートとなります。
手元に届くまでの日数もカウントされていますので注意が必要です。

各メーカー共通ですが営業時間・営業日があります。
例えば注文したのが金曜の夜で
メーカーが発送するのが月曜でそこから届いて
さらに返金の申請は電話で受け付けているところが多く
平日の夕方には受付終了になるところが多いです。
実際は20日あるかないかの状況になるのが多くなりそうですね。

そうするとの返金制度はあまり使い勝手のいいものではないようです。

育毛剤の使用が続かない人は2週間(14日)もあればわかると思いますので
そういう人にとっては良い制度ですね。
どの育毛剤を使うにしても電話受付時間はしっかり確認しておきましょう。

Deeper3D・ビタブリットのように各メーカーは他にも様々な商品を扱っているので
商品を間違えて注文してしまって
届いてから気づいたという人への
救済処置程度に考えておくのが賢明かと思われます。

<有効成分>

育毛剤の要である「有効成分」これがちゃんとした成分が入っているかどうかで
育毛剤の効果の程度がわかります。
どれも医薬部外品に入りますので
良い成分を大量・高濃度に入っているものほど効果が高いと言えます。
ここでは各メーカーが有効成分として挙げている中で
・発毛に関係が深い成分
・独自に配合していると謳っている
以上の2つをまとめています。

では各メーカーの有効成分を見ていきましょう。

 

 

〔イクオス〕
・Algas-2(アルガス2) ・スサビノリエキス

Algas-2はM-034とぺルべチアカナリクラタエキスという
2種類の成分が1つに混ざったもので
実質3つの成分が主となっています。
この3つは全て海藻由来の成分で人体に対して安全性が高いのが特徴です。
特にM-034は育毛成分ではリアップのCMで有名なミノキシジルという
発毛効果が高い成分と同等の効果があり
ミノキシジルは医薬品に分類され副作用があるので医師に処方してもらわないといけないのですが
M-034は副作用はありません。

〔フィンジア〕
・キャピキシル ・ピディオキシジル ・カプサイシン

キャピキシルは育毛剤の中では有名な成分です。
詳しくは「AGAに対する有効成分」で説明します。
ピディオキシジルは育毛効果が高い成分です。
毛母細胞の活性化、血行促進、成長因子と言われる髪の毛の細胞分裂を促す効果があります。
カプサイシンによって毛穴を開き育毛剤の浸透をよくする働きがあります。

〔Deeper3D〕
・リデンシル ・キャピキシル

Deeper3Dもキャピキシルが配合されています。
有名成分ですので人気が高いです。
フィンジアと同じく「AGAに対する有効成分」で説明します。
Deeper3Dで特に注目なのが「リデンシル」という成分で
セイヨウアカマツ球果エキス・チャ葉エキス・グリシン・ピロ亜硫酸Na・塩化亜鉛の混合物です。
2014年にドイツで開かれた化粧品原料展示会「インコスメティック」にて世界に発表され
安全性・効果に優れ、育毛分野ではとても注目されている新成分です。
これは詳しく説明するとかなり長くなるので要点だけ説明します。
・毛母細胞の元となる幹細胞を刺激し新たな毛母細胞にする
・幹細胞のは働きを活発にするコラーゲンの生成を促進させる
今後育毛剤の主流になっていくであろう注目の成分です。

〔BUBKA〕
・M-034 ・コラーゲン

イクオスと同様にM-034がメインの育毛成分で安全性が高いです。
このM-034を独自の方法で高濃度にすることに成功し
M-034を使っている育毛剤の中では最高濃度というのを謳っています。
Deeper3Dのリデンシルと同じ理由でコラーゲンに着目しています。
しかし幹細胞に直接的に作用するものはありません。
育毛成分ではありませんがノンアルコール処方になっています。
アルコールは蒸発しやすく蒸発するときに
水分を奪っていくので頭皮が乾燥する原因にもなります。
乾燥するとコラーゲンの働きが弱くなり頭皮が硬くなり
育毛剤の浸透を阻害するのでノンアルコールで作られています。
育毛剤の中では珍しいです。

〔ビタブリット〕
・ビタミンC

ビタブリットは育毛剤としてではなく頭皮のケアに特化したものになります。
「発毛しやすい環境を整える」といった感じです。
間違った頭皮ケアなどで薄毛になっている人には効果的です。
環境が整っただけで発毛する人はいます。
公式サイトにも書いていますが他の育毛剤と併用することで
効果が上がるという感じです。

〔チャップアップ〕
・センブリエキス ・ジフェンヒドラミン ・グリチルリチン酸

この中ではジフェンヒドラミン・グリチルリチン酸は
頭皮の炎症を抑えたり血行促進効果があり
センブリエキスが毛乳頭の細胞を刺激するといった感じです。
センブリはお茶としても飲まれるくらいなので
安全性が高いです。

最新の理論による効果があるのがDeeper3D・BUBKAですね。
非常に効果の高い成分を他にも多数使っていてクオリティの高さがうかがえます。
値段が張るだけのことはあります。
過去育毛剤を継続して使ったけど効果がなかった人には最終手段としてオススメです。

フィンジア・イクオスが有効成分としては次に効果が高いです。
値段もDeeper3D・BUBKAと比べると安いので薄毛になりかけているという
薄毛初期の人が使うならオススメです。

チャップアップ・ビタブリットは頭皮ケアよりの育毛剤になります。
比較的値段が安いので将来が不安で薄毛予防に力を入れてみたい人が
最初に育毛剤を使うならこれから始めるのもアリです。

やはり値段と成分の有効度は比例します。
何事も早めに対処しておくとケアが簡単になるので
日頃から髪の毛の密度などに気を付けてみていると
いち早く変化に気づきますので毎日のチェックを欠かさないで下さい。

 

 

<AGAに対する有効成分>

AGAとは男性型脱毛「AndroGenetic Alopecia」の略称です。
成人以上の男性に多く見られ頭頂部(頭の上の方)や
生え際付近から髪の毛の密度が少なくなり、髪の毛の太さも急激に細くなっていくことを指します。

ではAGAとはどういうメカニズムでなるのかと言いますと

AGAは男性ホルモンの1つの「ジヒドロテストステロン」が最大の要因です。
男性ホルモンの代表格でもある
「テストステロン」が加齢やストレス、生活習慣の乱れにより減少することによって
男性ホルモンの作用が何倍も強いジヒドロテストステロンに変化します。
性ホルモンは人間の身体を正常に保つために必要不可欠なものです。
テストステロンが減少すると身体は異常事態になるので
身体が質で量を補おうとしているのです。

テストステロンがにジヒドロテストステロン変化するためには
「5αリダクターゼ」という酵素が関わってきます。
これがないとテストステロンはジヒドロテストステロンになれません。
そしてこれの体内での量は個人差が大きく、遺伝もします。
特に生え際付近に多く存在している酵素なので
生え際から薄くなる人が多い原因でもあります。
よってAGAに対する有効成分とは「5αリダクターゼの働きを抑制」ということが
できないといけません。

前述の「有効成分」は発毛促進に関してでしたが
これは脱毛抑制に関係してきます。

これに対する各育毛剤の成分を見ていきましょう。

イクオス・・・・・オウゴンエキスなど5種類
ジヒドロテストステロンが出す脱毛因子の抑制成分8種類

フィンジア・・・・キャピキシル

Deeper3D・・・・・キャピキシル

BUBKA・・・・・・・高濃度オウゴンエキス

ビタブリット・・・なし

チャップアップ・・オウゴンエキスなど8種類

ほとんどの育毛剤はキャピキシルとオウゴンエキスが配合されています。
まずはそれぞれの特徴から紹介していきます。

〔キャピキシル〕
キャピキシルは「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド3」という成分が主になり、
このふたつの成分が組み合わさったものが「キャピキシル」と定義されます
キャピキシルは育毛剤の宣伝有名なミノキシジルという発毛成分の約3倍の効果があるとして
育毛剤に入れられることが多い成分です。
先に挙げた5αリダクターゼの抑制効果がありながら
毛根の活性化効果があります。
発毛促進と脱毛抑制効果の両方がある育毛剤のためにあるかのような成分です。
ただし血行促進効果はありませんので、血行促進効果がある成分と一緒に入った育毛剤を選ぶのがポイントです。
ミノキシジルやAGA治療薬のような副作用がないというのが最大のメリットでもあります。

〔オウゴンエキス〕
オウゴンエキスはシソ科のコガネバナの根から抽出したエキスです。
5αリダクターゼの働きを抑制する効果があります。
発毛促進効果はありませんが、厚生労働省から認可を受け
国から認められた育毛成分です。
AGA治療薬であるプロペシアより作用は弱いですが
副作用はないので安心して使い続けられます。

キャピキシルは利用され始めてからまだ日が浅く認可は受けていないので
この辺りが選択の基準になりそうです。

AGAなどで脱毛が進むといくら発毛を促進してもすぐに抜けてしまいますので
薄毛改善にはかなり重要な成分になります。

イクオスにはジヒドロテストステロンから出される脱毛因子を抑制する成分が8種類追加されています。
脱毛を抑制するのに効果的です。

ビタブリットには脱毛抑制の記載はありません。
薄毛の予防としての役割として使うのがおすすめです。

キャピキシルはDeeper3Dとフィンジアですが
どれだけ高濃度かはわかりませんが
全成分表示の箇所を確認するとフィンジアのほうが少しだけ多い割合で入っているかと推測されます。
全成分表示は多いもの順に表示されています。その商品のなかで多いものなので
比較がしづらいので参考程度にとらえてください。

<使いやすさ>

いくらいい成分が多く入っていても
使いにくかったら続けていくのもむずかしいです。
意外と注目されていない「使いやすさ」を見ていきましょう。

使いやすさを何で比較するかですが
今回は育毛剤をつける時に重要なノズルの形状に注目していきます。

それぞれのノズルは次のようになっています。

イクオス・・・・・プッシュ式

フィンジア・・・・プッシュ式

Deeper3D・・・・・スポイド式

BUBKA・・・・・・シンプルノズル

ビタブリット・・・プッシュ式

チャップアップ・・プッシュ式

プッシュ式とは先端を指で押すことで一定量が直線的に出てくるものです。
一番ポピュラーなものです。プッシュ回数で一定量をつけることができるので
育毛剤のつけすぎ、つけなさすぎがあまりないものです。
頭皮に育毛剤の容器がつかないので衛生的でもあるというメリットがあります。
しかし1か所に集中してつくので育毛剤が垂れてきたり
中身が少なくなってきたときに容器を傾けると出にくくなるというデメリットがあります。
中身が十分ある状態ですと一番使いやすいものです。

シンプルノズルは先端が少しシャープになっていて
さかさまにして先端を直接頭皮につけて塗布していくスタイルです。
少量づつ育毛剤がでるのであまり垂れてきたりはしないのが特徴です。
しかし直接頭皮につけるので衛生的に気になる人には向きません。
あと毎日一定量つけるのは難しい事と
頭皮についている箇所が自分では確認しにくいためついているかどうか
わからないので慣れが必要です。
腕などつけるで練習してもいいでしょう。
使いやすさでは使いにくい部類です。

スポイド式はふたがスポイドになっていて一定量を吸い込み
それをシンプルノズルのようにつけていくスタイルです。
衛生的に気になる人は難しいのは同じです。
一定量を吸い込んで使うので吸い込んだ分を全部使うようにすれば
毎回一定量つけられるのでシンプルノズルのデメリットを1つなくしたものになります。
スポイドを使うので最初感覚がつかめないと思いますが
スポイドのゴム部分で調節するので操作が容易ですぐに感覚がつかめます。
感覚がつかめれば使い始めから1本使い切るまで比較的使いやすいものです。

いかがでしたでしょうか?
どれもこれも一長一短あるもので
人それぞれに合ったものがあると思います。
ただどの育毛剤にも共通するのが
「継続する」ことです。
大手メーカーの調べによると
育毛剤で効果がなかったと答えた人の大半は
使うのを忘れたり、たまにしか使わなかったりと
継続して使っていない人が多いです。

ヘアサイクルの仕組みからも短期間で簡単に髪の毛は増えません。
効果を実感できたといってもつるつる状態の頭皮が
数か月でフサフサになるわけではなく
植物で言うと「芽が出てきた」ということです。
継続は力なり、根気強くいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です